2020/04/23

LINEミニアプリのメリットと活用事例

 

どうも、おだっちです。
今回は今話題のLINEミニアプリをご紹介します。

LINEは国内8,300万⼈、世界では約2億⼈が利⽤するプラットフォームであり、コミュニケーションに不可⽋なツールに位置づけられています。そのLINE内で利用できる、店舗や企業向けのサービスとして新たにリリースされたのがLINEミニアプリです。

まず、LINEミニアプリで何ができるの?というところからお伝えしましょう。

 

LINEミニアプリでできること

LINEはこれまでに、LINEpay(決済)、LINEデリマ(デリバリー)、マンガ、ゲーム、音楽等さまざまなアプリを提供していますが、今回の「LINE Mini app(LINEミニアプリ)」は店舗・企業向けの機能が満載。
オンラインとオフラインが一体となったOMOの活性化を目指したアプリとも言われています。

LC19_press_04
【画像引用:LINE

 

主な機能としては
・ポイントカード
・クーポン
・サービスページ
・予約フォーム
・支払い機能
・お知らせ機能
・データ連携
など

企業や店舗側は、LINEミニアプリで予約受付や会員証・ポイントカードの発行、支払い機能をユーザーに提供し、LINE公式アカウントを通じてお知らせ通知やクーポン配布、リマインドなどのプッシュ通知など各種メッセージが配信できるため、直接ユーザーと様々なコミュニケーションを取ることができます。
LINEミニアプリとLINE公式アカウントを上手に使って運用することがポイントですね。

 

LINEミニアプリのメリット(ユーザー側と店舗・企業側)

ミニアプリを使うメリットは以下になります。

■ユーザー側のメリット

・ネイティブアプリと違い、スマホに新たにアプリダウンロードする必要がない
・スマホのアイコンが増えない
・アプリの容量を都度気にする必要がない
・さまざまな機能をひとつのアプリ内で使い分けることができる
・LINEアカウント連携をすることで、会員登録の手間が省ける
・店舗に行く際の予約申し込みや確認(電話・Webサイト)、ポイントカード(紙)、店舗への決済(現金)など、すべてLINE内で完結できる
・友だちと共有できる

 

■導入企業・店舗側のメリット

・既に多くのユーザーが利⽤し、かつ、使い慣れているLINEの中に⾃社サービスを展開できる
・LINEのトーク画面に配信、プッシュ通知できるのでメルマガやDMに比べで既読率が高い
・LINE広告との連携もかけられるので、集客から販促活動につながる
・独⾃のアプリ開発より開発費が少ない
・⽐較的短期間でリリースできる
・友だち拡散されやすい

 

 

LINEミニアプリの先行事例

では、実際にLINEミニアプリの活用事例をいくつかご紹介します。
LINE ミニアプリはLINEのホーム画面から、サービスのページに入るといくつか並んでいます。

S__87867395

有名どころの事例をピックアップすると、

 

LINEで購入・友達シェア!~EC機能~

■ルイヴィトン

ECショッピング機能搭載。ウィッシュリスト(欲しいものリスト)やギフトアイディア(贈り物リスト)を作成し、LINEの友達とシェアすることができる。

ブログ1

 

店舗でもミニアプリを活用!~EC機能・会員証ID連携~

■パルクローゼット

全国のパルグループ店舗とLINE上の両方で活用ができる。例えば、リアル店舗でLINEミニアプリ上の会員証を提示して買い物をした際は、LINEのトーク画面上で電子レシートを受け取れる。LINEでは、店舗や商品情報に加え、スタッフによるコーディネートを確認することができ、その商品もLINEミニアプリ上で購入可能。

ブログ2

 

LINEで簡単予約!~予約機能~

■リザービア

美容業界で早々にLINEミニアプリを展開したリザービア。Ash・TAYAで美容サロンのオンライン予約が可能。店舗検索から、スタッフ→施術メニュー→日時選択と簡単に予約完了。美容ポータルサイトに頼らない独自の集客法で、予約・顧客管理・囲い込みまでLINE上で展開している。

ブログ3

 

新たなカフェの形!?~モバイルオーダー機能~

Developers.IO CAFE

実店舗自体がレジレス、キャッシュレスカフェとなっており、LINEミニアプリ内でドリンクや軽食などのモバイルオーダーが可能。また、店舗ではウォークスルー購入ができるようになっており、それもLINEですべて完結。ウォークスルーを利用の際は、店頭でQRコードを読み取ってから、自分で商品を選んで手にするだけで自動で支払いが完了し商品を購入することができる。

 ブログ4

 このように、企業がユーザーに対して自社サービスの提供や情報発信をダイレクトに行え、新規ユーザーの獲得はもちろん、既存ユーザーのリテンションやロイヤルティの向上も見込めるのです。

まとめ

LINE自体、様々な可能性を秘めたツールです。もっと活用してみてはいかがでしょうか。

弊社のLINEミニアプリサービスでは、上記の事例のような「モバイルオーダー」「予約」「EC」といった各機能ごとにパッケージされたものから、オーダーメイドまで幅広く対応しております。ミニアプリでやりたい事、加えたい機能をカスタマイズし、お客様に合ったLINEミニアプリを開発することが可能です。

また弊社では、中国で10億以上のアカウントをもつWeChat(微信)のミニプログラム(小程序)の開発もフォーグローブ中国オフィスと連携し行っております。

LINEミニアプリのことなら、ぜひ弊社までお問合せください!

 

関連記事

 

▶本記事に関して、LINEからも各種お問い合わせ受付中!

Fourglobe(フォーグローブ)ではLINEをもっとビジネスに活用する方法とし「LINEミニアプリ」のサービスをリリースいたしました。LINEを使った集客や売上アップ施策、予約機能やEC機能、テイクアウト/デリバリー注文機能などございます。お気軽にお問い合わせください。

フォーグローブLINE公式アカウントのチャットからもお問い合わせ可能です。

友だち追加

\ この記事はどうでしたか? /

ライター
おだっち
営業映像プロデューサー

このライターが書いた記事

  1. LINEミニアプリのメリットと活用事例

  2. 企画次第で簡単に!ショートムービー製作のコツ

  3. 5Gとは? Gの歴史と2020年からの映像と暮らしの変化

同カテゴリーの記事

  1. 成果が上がるWebの広告代理店の選び方

  2. LINE公式アカウント|認証済アカウントと未認証アカウントの違いを徹底解説!

  3. 「LINE公式アカウント」と「LINE@(ラインアット)」の違いとは?