2020/02/27

「デザイン」に求められる役割を、改めて考える。

 

前回の投稿から9ヶ月。

その間に弊社の総会があり、最高デザイン責任者であるCDO(チーフ・デザイン・オフィサー)に就任しました。

最高デザイン責任者だなんて偉そうな響きですが、実際は所属するアドバンスデザイン推進室のメンバーは僕だけ。

そもそも弊社に「上司・部下」といった価値観自体が存在していないので、あくまで「デザイン」に関わるスタッフをつなげ、デザイナーが更に活躍できる環境を作り出す事が主たる命題となっています。

フォーグローブにおけるデザイナーとは

弊社には様々な部署があり、その部署を「ユニット」と呼んでいます。

よくある会社の形態では「営業部」や「企画部」「デザイン部」「開発部」など、専門領域に即した部署を設ける場合が多いですが、弊社のユニット制では、専門領域による採算部門と非採算部門を作らず(例外あり)、ユニットごとに独立採算組織にすることで、より一人一人が主役になれる組織を目指しています。

UNIT01A

デザイナーもアドバンスデザイン推進室の所属ではなく、それぞれのユニットに分散して所属しており、開発領域でデザインマネジメントをおこなうメンバーから、Webや紙媒体といったコミニュケーションの領域するメンバーまで、幅広い領域の「デザイナー」が活躍しています。

そもそも『デザイン』の役割とは?

【デザイン】(広辞苑第7版)

①下絵。 素描。 図案。

②意匠計画。製品の材質・機能および美的造形性などの諸要素と技術・生産・消費面からの各種要求を検討・調整する総合的造形計画

気軽に使っているこの「デザイン」という言葉、実は時代とともに意味合いが少しずつ変化しており、辞書に書かれた意味合いも常にアップデートされているんです。

d0225A

確かに高度経済成長で物が溢れていた時代には、「他と差別化を図る方法」としてデザインが活用されていましたが、現在ではUIUXと言った「体験への工夫」や、デザイン思考を活用した「経営課題の解決」まで、幅広い領域でデザイナーのスキルが求められています。

デザイナーが活きる組織へ

弊社では、デザイナーが各ユニットに所属する事で、様々なプロジェクトにおいて、デザイン思考を上流工程に取り込んだり、クライアントの要望をその場で言語化するなど、デザインを通した円滑なコミニュケーションを行っています。

また、それらのデザイン思考をソリューションという形でご提供も可能です。

AAsec02_img01

会社によってデザイナーに求めることはそれぞれ違うと思いますが、デザイナーが学んだ「デザイン」に対する思考や姿勢は、戦略の実現を加速させるとともに、課題を根本から解決するための有効なスキルだと確信しています。

また、経済産業省においても、デザイン経営を推進することで、企業の競争力強化を打ち出しています。

関連記事

弊社にいただくご相談の中でも、まだまだ「デザイナー」に対して「かっこよくしてくれる人」といった役割を求められることもありますが、その認識を少し広げていただき、共によりよい課題の解決ができればと考えています。

みなさんのお仕事に弊社のデザイナーがお役に立てる日を楽しみに・・・

 

関連記事

 

▶お知らせ

\ この記事はどうでしたか? /

ライター
たかつゆうぢ
アートディレクター

このライターが書いた記事

  1. 「デザイン」に求められる役割を、改めて考える。

  2. 万引を初体験!

  3. 【正しい大阪の掴み方】CASE.01 大阪でアートを掴む

同カテゴリーの記事

  1. 知っていると便利! デザインの基本となる鉄板比率~白銀比~

  2. アフターデジタル

    自分の生活から〜デジタル化する日常を検証〜 ユーザーエクスペリエンス(UX)を考える思考

  3. 今さら聞けない!基本とWeb閲覧時のショートカットキー40選