2020/06/05

【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

对很多人来说,如今在便利店、超市或者餐厅、商场里拿出手机来进行支付,似乎已经司空见惯。但如果回看移动支付的发展历史,以十年为单位来度量都会显得过长,甚至把目光放在5年之前,所谓移动支付仍很少出现在公众的视野中。
如果移动支付是一本书,大篇幅的笔墨才刚刚开始。不过,从故事的开篇起,无论在哪个时点都不乏技术的较量与机构的博弈,故事的主角也总是在变换。

多くの人にとって、コンビニやスーパー、レストラン、デパートなどで携帯電話を取り出して支払いをするというのは今では当たり前のことのようです。しかし、モバイル決済の発展の歴史を振り返ると、10年で測るには長すぎ、5年前で見てもまだ一般にはあまり知られていませんでした。
モバイル決済が一冊の本であれば、まだ始まったばかりです。しかしストーリーの最初から、どの時点でも技術的な力比べや機構的なゲームが少なくなく、ストーリーの主役も常に変わっています。

大事记
2009年:中国移动在10省范围内启动手机移动支付业务试点
2010年:中国银联在上海、山东、宁波、四川、湖南、深圳、云南等省市开展移动支付业务试点。
2012年:支付宝推出二维码支付业务。
2013年8月:快的打车接入支付宝。
2014年1月:滴滴打车支持微信支付。
2014年3月:央行暂停二维码支付。
2014年7月:二维码支付低调重启。
2014年12月:二维码支付掀起线下补贴大战。
2015年12月:中国银联与20余家商业银行联手推出云闪付”产品
2016年2月:ApplePay正式进入中国市场。
2017年5月:中国银联联合40余家商业银行推出银联“云闪付”二维码产品。

重要な記録
2009年:China Mobileが、10の省内で試験的にモバイル決済サービスを開始
2010年:UnionPayが上海、山東、寧波、四川湖南、深セン、雲南、およびその他の省と都市でパイロットモバイル決済サービスを開始
2012年:アリペイがQRコード決済サービスを開始
2013年8月:kuaidi TaxiがAlipayを開始
2014年1月:Didi TaxiがWeChatPayを開始
2014年3月:中央銀行がQRコード決済を一時停止
2014年7月:QRコードが控えめに再開
2014年12月:QRコード決済により、オフラインの補助金の戦いが始まる
2015年12月:中国银联と20余りの商業銀行が連携して「雲闪付(CloudQuickPay」を発売
2016年2月:ApplePayが正式に中国市場に参入
2017年5月:中国UnionPayはUnionPayの「クラウドフラッシュ決済」QRコード製品を使用して40以上の商業銀行を立ち上げる

移动支付的十年发展历程(モバイル決済の10年の発展)

NFC:占得先机
NFC:アドバンテージ

技术的快速迭代使我们不得不面对这样一种尴尬。与十年前相比,移动支付一词所涵盖的内容已经发生了很大变化。
查阅十年前的文献,当时的研究案例在今天已经很少被提及。例如中国移动的移动梦网、广东银联的DNA手机支付,市政交通一卡通倒是已经广泛普及。

技術の高度な進歩により、私たちは常に様々な変化に対応しなければならなくなりました。10年前と比べて、モバイル決済という用語が意味している内容は大きく変わりました。
10年前の文献を調べてみると、当時の研究例は今日ではほとんど取り上げられていません。例えば、ChinaMobileのモバイルドリームネットや携帯電話決済や市政交通カード広く普及しています。

 

而再往前追溯,移动支付的方案最先在邻国日本和韩国出现也已经是2004年左右。当时,日本的移动运营商NTTDoCoMo推出基于FelicaIC芯片的移动支付业务;韩国的三大移动运营商STK、KTF、LGT则主推基于红外线技术的移动支付业务。
在国内,后来被广泛提及的NFC支付在十年前已经出现萌芽。

遡ってみると、モバイル決済の仕組みが隣国の日本や韓国で2004年頃に初めて登場しました。当時、日本のモバイル事業社NTTドコモは、FeliCa ICチップによるモバイル決済事業を開始しました。韓国の3大モバイル事業者、STK、KTF、LGTは、赤外線技術を利用したモバイル決済事業を推進しています。同じころ中国国内では、後に広く言及されたNFCの支払いが発生しました。

 

2005年,成立刚满3年的中国银联设立了一个专门的项目组,负责跟踪、研究NFC的发展。很快在2006年,中国银联便推出一项基于金融IC卡芯片的移动支付方案。
作为另一个主要参与方,以中国移动为代表的移动运营商在当时也有自己主导开发的移动支付产品方案。
在银联与中国移动的外围,包括设备厂商、芯片商、方案提供商、银行、商家等都开始露头。

2005年、設立3年目の中国銀聯(UnionPay)はNFCの発展をフォローし研究する、専門的なプロジェクトチームを設立しました。2006年には、金融ICカードチップによるモバイル決済ソリューションを発表しました。
もう一つの主要な参加者として、China Mobileに代表されるモバイル事業者は、その時に独自のモバイル決済製品ソリューションを開発していました。
UnionPayとChina Mobileの周辺では、機器メーカー、チップメーカー、プロジェクトプロバイダ、銀行、商店などが頭角を出し始めています。

 

2009年前后,中国移动和银联相继在一些省市内开展移动支付业务试点。中国移动在2010年入股浦发银行时也被认为是为移动支付布局。银联更是与中国电信、中国联通及商业银行、第三方支付机构发起设立手机支付产业联盟。
而银联与中国移动之间就NFC技术的标准存有分歧:NFC的工作频率存在银联的13.56MHz和中移动的2.4GHz两种标准。标准不统一,无疑影响了参与产业各方大举投入的信心。

2009年前後、China MobileとUnionPayは、相次いで一部の省・市内でモバイル決済業務を開始しました。2010年にChina Mobileが上海浦東開発銀行の株式を購入したとき、それはモバイル決済のための布石とも見なされました。UnionPayはさらに中国電信、中国聯合通信、商業銀行、第三者支払機構と携帯電話決済産業連盟を設立しました。
UnionPayとChina Mobileの間では、NFC技術の基準についての違いがあります。NFCの動作周波数はUnionPayの13.56 MHzとChina Mobileの2.4 GHzの2つの規格があります。基準が統一されていないので、産業に参与する各当事者の大きな投資に影響を与えたに違いありません。

 

2011年,央行发布《关于推进金融IC卡应用工作的意见》,正式在全国范围内启动IC卡芯片的迁移工作,同时要求ATM终端和非现金终端进行金融IC卡受理改造。 随着金融IC卡的普及与POS终端的非接改造逐年推进,NFC支付终于等来机遇。

2011年、中央銀行は「金融ICカードの応用を推進することについての意見」を発表し、全国でICカードの移転作業を本格的に開始するとともに、ATM端末と現金以外の端末に対して金融ICカードの受理・改造を要求しました。金融ICカードの普及とPOS端末の非接続改造が年々進められており、NFC決済がようやく市場に出てくる事となりました。

握手

直到2012年6月,中国移动与银联签订移动支付业务合作协议,放弃自主开发的2.4GHz标准,分歧才结束。而在当时,移动支付未实现大规模推广,受理环境不完善也是主因。
虽然银行磁条卡向IC卡的迁移从2005年便提上日程,但由于成本的原因,银行方面并无积极性。同样,受理侧POS的非接改造也需要巨大的成本投入。基础设施的建设很难凭借市场机构之力来达到。

2012年6月までに、China MobileとUnionPayは独自に開発した2.4 GHz基準を放棄し、モバイル決済業務提携契約を締結し、分岐が終わりました。当時、モバイル決済払いは大規模な普及が実現されておらず、受理環境が不備なのも主因でした。
銀行磁気カードからICカードへの移行は2005年から議題に上がっていますが、コストのために銀行側は積極的ではありません。同様に、受付側POSの非接続改造も大きなコスト投入が必要です。インフラの建設は市場機構の力では実現が困難なのです。

 

继续下一次。

次回へ続きます。

【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

▶お知らせ

\ この記事はどうでしたか? /

ライター
ヨンドン
制作ディレクター

このライターが書いた記事

  1. 【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. 【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

同カテゴリーの記事

  1. 【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. PTA活動ってメリットもあるよ~っていうお話