2020/08/31

【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

请参阅上一篇文章中的以下文章。
前回までの記事は下記からご覧ください。

【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

 

阵营划分 

陣営を分ける 

 

解开了束缚,两家支付巨头的“圈地”大战随即打响了

2014年的“双12”,是一个值得书写的时点,这是二维码支付最早的一次大规模线下推广。
当天支付宝联合约2万家线下门店推出支付宝钱包付款打5折的活动。支付宝在“双12”下午3点半的交易数据显示,支付宝钱包全国总支付笔数超过400万笔。全国消费者买下了超过90万个面包、100万瓶牛奶、15万个毛毛豆蛋糕、35万个水饺、2万个比萨、21万个馄饨、5万个甜筒和50万包芒果干。
比这些数字更值得惊奇的,是人们对一种完全陌生的支付方式所展现出巨大的热情。 

規制が緩和され、AlipayとWeChatPayの決済大手による“囲い込み”大戦が始まりました。

2014年の「双12(毎年12月12日に開催される大型セール)」は、QRコードの決済最初の大規模オフラインプロモーションでした。
当日はAlipayは約20,000のオフラインストアでAlipayウォレットの支払いに50%割引を開始しました。Alipayの“双12”当日午後3時半の取引データによると、Alipayウォレットの支払総数が400万を超えています。全国の消費者は90万個を超えるパン、100万本の牛乳、15万個の枝豆ケーキ、35万個の水餃子、2万個のピザ、21万個のリンゴ、5万個のアイスクリーム、50万個のドライマンゴーなどを購入しました
これらの数字よりも驚くべきことは、人々がまだあまり知られていない決済方法に対し、抵抗なく利用をしているという点です。

 

补贴的方式看似简单粗暴,却能直击红心。这在互联网行业已经百试不爽。
除了对消费者的补贴,支付宝和微信支付对于服务商的返利补贴也是大手笔。在财付通和支付宝向商家收取的费用中,几乎有一半补贴给了服务商。一批从事聚合支付的服务商迅速崛起,返利就是他们的主要利润来源。
对比来看,传统的线下收单业务中,借记卡的费率为0.35%,封顶13元,贷记卡发卡行服务费费率为0.45%且不封顶;由于二维码支付并没有行业标准,服务费率是由市场自主决定。

補助金の方法は単純で無謀にも見えますが、それらは人々の心を動かす事ができました。これはインターネット業界では成せない事でもありました。
AlipayとWeChatPayは消費者への補助金
以外に、サービスプロバイダーへのリベート補助金も惜しみなく提供しました。AlipayとTenpayが商人から収集した料金のほぼ半分は、サービスプロバイダーに助成されます。総支払いに従事するサービスプロバイダーのグループは急速に増加しており、リベートは彼らの主な利益源です。
対照的に、従来のオフライン取得ビジネスでは、デビットカードのレートは0.35%、上限は13元、クレジットカード発行会社のサービス手数料のレートは0.45%で上限はありません。QRコード決済が行われないためです。業界標準、サービス料金は市場によって独立して決定されます。

 

2014年6月由支付清算协会发布的《关于银行卡收单市场发展情况的调研报告》中指出,部分议价能力较强的支付机构向收单机构或代理商收取的费率在0.2%-0.25%左右,其直接拓展的部分商户初期甚至实行零费率模式,显著低于线下刷卡交易成本。
“部分银行受条码支付业务冲击,商户流失较为严重,创新产品推广阻力较大。”报告中这样表述。
二维码支付推广“来势汹汹”,让本就迟滞的NFC支付更加陷入了尴尬境地。但是转机已经开始出现。

2014年6月に支払清算協会が発表した「銀行カード受領書市場の発展状況に関する調査報告」によると、一部の議価能力の強い支払機関が領収書機構または代理店から徴収する料率は0.2%-0.25%前後で、直接開拓した一部の取引先は初期にはゼロレートモデルを実行するまでに著しく低下していました。
報告書では「一部の銀行はバーコード決済業務の衝撃を受けて、取引先の流失が比較的に深刻で、新製品の普及抵抗が大きい」と、述べています。
QRコード決済がものすごい勢いで広まり、NFC決済がさらに遅れをとる状況になってしまいました。しかし転機はすでに現れ始めています。

 

2014年9月上市的iPhone 6首次搭载NFC功能,配合指纹识别Touch ID,正式介入移动支付。虽然Apple Pay在国内市场并未随着新机首发同步开放,谈判已经低调开始
差不多一年之后,在2015年12月,中国银联正式与20余家商业银行联手推出“云闪付”产品,开始了对二维码支付的反击。一周之后,银联又宣布了与苹果公司及三星电子达成合作的消息。

2014年9月に発売されたiPhone 6は、NFC機能を初めて搭載し、指紋識別Touch IDに合わせて、モバイル決済に本格的に介入しました。Apple Payは国内市場では新機種と同時にリリースされませんでしたが、交渉は徐々に始まっていました。
ほぼ1年後の2015年12月、中国銀聯は正式に20数社の商業銀行と手を組んで“雲閃付”製品を発売し、QRコード決済への反撃を開始しました。その1週間後、銀聯はAppleおよびサムスン電子との提携を発表しました。 

 

2016年2月,Apple Pay正式进入中国市场。凭借在国内的众多拥趸,Apple Pay上线12小时内的绑定银行卡数量超过3800万,引发大量的舆论关注,极大地推动了一次NFC支付的市场教育。之后,Samsung Pay也在3月时推出。作为国内手机厂商,小米的Mi Pay和华为的Huawei Pay则在8月正式上线。
从这时起,手机厂商在NFC支付阵营中的地位开始凸显。尤其是小米、华为等国内手机厂商,更是将NFC功能当作一个卖点。小米科技董事长雷军在出席2016年第五届中国支付清算论坛时甚至表态,“手机厂商进入支付与清算行业才刚刚开始,未来可能推动整个支付行业的发展”。

2016年2月、Apple Payは正式に中国市場に進出しました。国内での多くのファンによって、Apple Payオンラインで12時間以内のバインディング銀行カードの数は3800万を超え、多くの世論の注目を集め、NFC決済の市場教育を大きく推進しました。その後、3月にSamsung Payがオープン。8月には国内の携帯電話メーカーの小米(Xiaomi)がMi Payを、華為(Huawei)がHuawei Payをオープンさせました。


この時からNFC決済陣営における携帯電話メーカーの地位が浮き彫りになってきました。特に小米(Xiaomi)や華為(Huawei)などの国内携帯電話メーカーは、NFC機能を売りにしていました。小米科技董事長の雷軍氏は2016年第5回中国決済清算フォーラムに出席した時に、「携帯電話メーカーは決済業界に入ってきたばかりだが、今後は決済業界全体の発展を推進する可能性がある」と表明しました。 

 

阵营划分完成,边界却被打破了。 

陣営は区切ったが,境界は破られました 

鹿死谁手? 

どちらが勝利したか? 

 

当我们习惯于将二维码支付与NFC支付放在对立的两端时,银联也开始做二维码支付了。2017年5月,中国银联联合40余家商业银行正式推出银联云闪付二维码产品,京东金融、美团点评等非银机构也宣布加入其中。虽然看起来几乎一样,但银联的二维码支付是基于卡组织、发卡机构、商户和收单机构的“四方模式”,支付宝和微信支付则是直连银行的“三方模式”。  

私たちがQRコード決済NFC決済が全く別物の決済方法だと認識しはじめた頃、UnionPayもQRコード決済を開始しました。20175月、中国銀聯は40社余りの商業銀行と共同で、銀聯雲クラウドQRコード製品を正式に発売しました。京東金融、美団点評などの銀行以外の機関も参加を発表しました。ほとんど同じように見えますが、中国銀聯QRコード決済はカード組織、カード発行会社、販売者、商家とアクアワイアラによる“四社モデル”に基づいており、AlipayとWeChatPayは銀行と直接連携する“三者モデル”です。

 

作为一个开放的标准,接入这一体系,就等同于接入了银联已有的受理环境,包括境内和境外。这对早已垂涎移动支付市场,却被两家巨头排斥在外的机构无疑是绝好的机会。如果说支付宝和微信支付前期是在搭壁垒,银联则是在放口子,将更多的“狼”引入市场。说到底,银联作为支付行业的基础设施提供方,有越多机构接受其标准,才越符合其利益。

オープンスタンダードとして、このシステムにアクセスすることは、中国銀聯の既存の受理環境にアクセスすることと同じです。これは間違いなく、モバイル決済市場が長い間待ち望んでいた事ですが、2つの大手企業(AlipayとWeChatPay)から排除されてきた機関にとっては絶好のチャンスです。AlipayとWeChat Payが早い段階で障壁を構築していましたが、UnionPayは市場にさらに多くの「オオカミ(AlipayとWeChatPayから排除されてきた機関)」を開放し、導入しています。つまり、中国銀聯は決済業界のインフラ提供者として、多くの機関がその基準を受け入れてこそ、その利益に合致するのです。

 

但在国内,支付宝和微信支付的优势仍然明显:那就是消费者在补贴刺激下形成的支付习惯。易观国际的监测数据显示,在2017年第一季度,支付宝和微信支付的市场份额超过了93%。
有趣的是,支付宝的“大本营”杭州在今年将被银联浙江分公司列为“云闪付”示范城市。从5月开始,杭州公交的机具上出现了支付宝和银联两家的LOGO,支持两种支付方案。短兵相接就这样上演了。充满活力的竞争环境,使移动支付在国内的发展远超海外市场。 

ただ、国内ではAlipayとWeChatPayのメリットは依然として明らかである。それは消費者が補助金の刺激によって形成した支払習慣です。易観国際のモニタリングデータによると、2017年第1四半期、AlipayとWeChatPayの市場シェア93%を超えました。
面白いことに、Alipayの“本拠地”杭州は今年銀聯浙江支社が“雲閃付”モデル都市に指定されることになりました5月から杭州の公共交通機関にAlipayと銀聯の2社のロゴが登場し、2種類の支払いプランをサポートしています。これは、直接の競争が行われた方法です。ダイナミックな競争により、海外市場をはるかに超えた国内市場でのモバイル決済の開発が可能になりました。

 

2017年7月17日,《纽约时报》发表一篇题为《在中国城市,现金正迅速变得过时》的文章,开头中描述“在中国的大城市,几乎人人都用智能手机支付购买一切东西。在餐厅,服务员会问你用两种智能手机支付手段中的哪一种:微信还是支付宝?现金支付是第三种选项,且可能性很小”。
整体来看,易观国际在7月发布的最新数据称,从2013年到2016年,第三方移动支付的年交易量从1.3万亿增长至35.33万亿。预计2017年整体交易规模将保持超过100%的增长速度,达到75万亿。 

2017年7月17日、ニューヨークタイムズ紙は「中国の都市では現金が急速に時代遅れになっている」と題した記事を発表し、その中では「中国の大都市では、ほとんどの人がスマートフォンで買い物の代金を支払います。レストランでは従業員が、WeChatとAlipayのスマートフォン決済のうちどちらを使用するかを尋ねます。現金決済は第三のオプションであり、可能性は少ない」と述べています。
全体的に見て易観国際(中国の大手インターネット調査会社)が7月に発表した最新データによると、2013年から2016年にかけて、第三者のモバイル決済の年間取引量は1.3兆から35.33兆まで増加しました。2017年全体の取引規模は100%を超える成長速度を維持し、75兆に達すると予想されています。 

 

2017年7月,阿里巴巴的无人超市在杭州开始公测,从进店、购物到离店,每个客人会被单独辨别,完成支付宝的自动扣款支付。其背后的物联网支付技术展现了独特的科技感。这是否是移动支付的未来趋势,或者说移动支付的未来属于谁,目前都很难得出答案。 


2017年7月、アリババの無人スーパーは杭州で公開テストを開始しました。入店からショッピングをし店を出るまで、お客様を個別に識別しAlipayの自動決済が完了します。その背後にあるIoT決済技術は独特の技術感を示しています。これはモバイル決済の未来のトレンドであるのか、また新たな主役が登場するのか、現在のところまだ分かりません。 

 

大連, 中国, 鳥の目を見る, 中国の都市, 風景

随着指纹、刷脸、虹膜、声音、指静脉等生物识别技术的成熟,密码本身都快要过时了。而区块链、虚拟现实、物联网等非支付技术也在寻找从跨境大额汇款、线上购物、支付流程自动化等入口切入支付行业。
正如十年之前,很难想象手机支付如此深刻地影响了我们的生活。或许再过十年,今天的主角都会成为历史,新的势力早早站上了风口。
科技的力量就是如此残酷,却让人向往。 

指紋、顔、虹彩、音、静脈などの生体認証技術が成熟するにつれて、パスワード自体が時代遅れになります。ブロックチェーン、仮想現実、IoTなどの非決済技術も、国境を越えた多額の送金、オンラインショッピング、支払プロセスの自動化から支払い業界への参入を模索しています。


十年前は、携帯電話の決済がこんなに深く私たちの生活に影響を与えるとは思いもよりませんでした。そしてあと十年もすれば、現在の主役もまた歴史になるかもしれません。テクノロジーの
力は非常に残酷ですが、人々はそれを切望しているのです。

 

▶お知らせ
ライター
ヨンドン
制作ディレクター

このライターが書いた記事

  1. 【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. 【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

同カテゴリーの記事

  1. 【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. PTA活動ってメリットもあるよ~っていうお話