2020/08/04

【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

请参阅下面的上一篇文章。
前回の記事は下記からご覧ください。

【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

二维码:后来居上

QRコード: 追いかける

 

2011年的10月,多家媒体发布消息称,支付宝公司正着手准备推出一种针对手机扫拍二维码的支付方案,并称之为是国内首个针对二维码应用的支付方案。就在那一年的5月,央行刚刚发放了第一批27张第三方支付牌照,支付宝是其中之一。未获得牌照前,支付宝也曾以短信、语音、客户端软件等方式涉足一些移动支付业务,但却并非主流。 

2011年10月、複数のメディアにより、Alipayが携帯電話でQRコードをスキャンするための決済方法を準備しているとのニュースが発表され、「国内初のQRコードアプリでの決済方法」と話題になりました。その年の5月には、中央銀行が27の第三者支払い許可証を発行したばかりで、Alipayはその中の一つでした。イセンスを取得する前に、Alipayはショートメール、音声、クライアントソフトなどでモバイル決済業務に参入しましたが、主流ではありませんでした。

QRコード

 

2012年夏天,打车软件出现了。打车的小额、高频场景与支付宝二维码支付形成契合,成为扫码支付最先普及的领域。之后,微信支付的二维码支付也借由打车软件进入市场。
对比NFC支付,二维码支付是基于账户体系搭建起来的支付方案,几乎不涉及硬件设备改造,而且产业参与方少,更容易达成一致。更重要的是阿里巴巴和腾讯在打车软件上的补贴力度之大,使市场局面快速打开。

2012年夏、タクシーアプリが登場しました。乗車時の少額の支払いはAlipay QRコード決済と互換性がありスキャンコード決済が最初に普及した領域になります。その後、WeChatペイのQRコード決済も、タクシーソフトで市場に参入しました。
NFCに対してQRコード決済は、アカウントシステムに基づいて構築された支払い方式であり、ハードウェアデバイスの改造はほとんど関係なく、産業参加者が少ないことが普及に繋がりました。更に重要なのはアリババとテンセントのタクシーアプリの補助金が大きく影響し、市場は急速に広がっていくこととなりました。

扫码支付在线上的拓展也跟着铺开。根据支付宝在2013年11月发布的一项数据,其扫码支付覆盖了航旅、游戏、团购、B2C行业等46万家网站商户。然而风声突然就收紧了。

QRコード決済はオンラインでの展開も広がっています。Alipay が2013年11月に発表したデータによると、航空旅行、ゲーム、共同購入、B 2 C業界など46万のウェブサイトの取引先をカバーしています。ところが事態が急変しました。

 

2014年3月14日,一份名为《关于暂停支付宝公司线下条码(二维码)支付等业务意见的函》出现在了网上。这份由央行下发的文件要求要全面评估线下条码(二维码)支付、虚拟信用卡的合规性和安全性。很快,文件的真实性就得到了确认,并引发了舆论的关注。
央行方面解释称,条码(二维码)应用于支付领域有关技术、终端的安全标准不明确,相关支付指令验证方式的安全性尚存质疑。

2014年3月14日、「Alipayのオフラインバーコード(QRコード)の支払い停止およびその他のビジネス意見に関する文書」がインターネットに登場ましこれは中央銀行が発行した文書で、オフラインバーコード(2次元コード)決済と仮想クレジットカードのコンプライアンスとセキュリティの包括的な評価が必要との内容で、すぐに文書の信憑性が確認され世間の注目を集めました。
銀行側によると、バーコード(QRコード) 決済領域に適用される技術、端末の安全基準が明確ではないため、関連する決済の検証方法の安全性には疑問があると説明しました。

 

而中金公司则评价认为,二维码等支付方式本质上是用线上方式来做线下收单业务,银联的利益受到极大损害。之后,虽然中国支付清算协会副秘书长王素珍在5月时表态称,相关部门正在研究二维码的标准,重新推出尚无具体时间表。 

一方、中国国際金融(CICC)は、QRコードなどの決済方式は本質的にオンライン方式でオフライン取引をしており、この文書によりUnionPayの利益は大きな損害を受けていると評価しています。その後、中国決済清算協会の王素珍副秘書長は5月に関連部門がQRコードの基準を検討していると表明しましたが、まだ具体的なスケジュールは出ていませんでした。

 

但到7月时,支付宝就低调重启二维码支付,并在上海进行补贴推广。对此,监管保持了默许的态度。8月,微信支付也推出“面对面收钱”的功能,重启二维码支付。
不过,此前的主动型二维码支付在这时转变为被动型二维码支付,即从原来的客户扫描商户支払い的二维码,变为由客户生成二维码,再由商家手持POS终端扫描读取。扫码方式的变化,使安全性有了很大提升。要原因这一改变被认为是监管没有再干预的主。  

しかし7月になると、Alipayは小規模範囲でQRコード決済を再開し、上海で補助金の普及を行います。これに対して、国の管理部門は黙認の態度を維持しました。8月には、WeChat決済も「面と向かってお金を受け取る」という機能を導入し、QRコード決済を再開しました。しかし、これまでのアクティブなQRコード決済は、この時に受動的な決済に変わりました。つまり、元の顧客から取引先のQRコードをスキャンして、顧客からQRコードを生成し、商店がPOS端末を持って読み取りをスキャンします。スキャン方式の変化により、安全性が大幅に向上しました。この変更は規制にこれ以上介入しない主な理由と考えられています。 

 

继续下一次。

次回へ続きます。

【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

 

▶お知らせ
ライター
ヨンドン
制作ディレクター

このライターが書いた記事

  1. 【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【2】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. 【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

同カテゴリーの記事

  1. 【3】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  2. 【1】中国移动支付的发展与应用(中国のモバイル決済開発とアプリケーション)

  3. PTA活動ってメリットもあるよ~っていうお話