2020/06/08

アプリを接続するオンライン自動化ツール!Zapierのご紹介

Zapier overview

 

こんにちはPDユニットのハイです。

今回は複数のWebアプリを連携させることができる自動化アプリケーション「Zapier」をご紹介したいと思います。

Zapier(ザピエル)とは

ZapierとはGmail, Facebook, Twitter, Slackなどのお気に入りのアプリを接続するオンライン自動化ツールです。2つ以上のWebアプリを連携して、コーディングや開発者による構築に頼ることなく、反復的なタスクを自動化できます。操作が簡単で、数回クリックするだけで誰でも独自のアプリワークフローを構築できます。Zapierで自動化することで時間と労力を節約することできます。

Zapierできること

具体的にZapierではどのようなことができるのでしょうか。

Zapierでは、何千もの異なるワークフローを作成できます。Zapierで実現できることとして、下記のような例があります。

  • Gmailの添付ファイルをOneDriveに自動アップロード
  • ブログの更新情報をFacebook・Twitterに投稿
  • 新しいTrelloカードからGoogleカレンダーの予定を作成する
  • Googleカレンダーの設定をSlack チャンネルに通知
  • 受信したメールの内容でTrelloボードを作る
  • スプレッドシートの内容をTrelloに自動でタスク化する

 

スクリーンショットZapできること

Zapierの特徴

  • 2000種類以上のアプリを組み合わせ、自動化アプリを作成可能 
  • コード不要、選択肢を選ぶだけで誰でも簡単に作成できる
  • 基本は無料で、必要量に応じて選択できる豊富なプラン
  • すべてのアプリ間でデータが転送されるため、データの安全性が確保される
  • 信頼できるソリューション
  • 週7日の問い合わせ対応、通常1日以内の返信

Zapierの利用プラン

Zapierは無料と有料の2種類のアカウントがあります。新しいアカウントを登録すると、トライアルとして有料のProfessionalプランが15日間有効になります。15日後にアップグレードしない場合、アカウントは無料のアカウントに自動的に移行されます。

Zapierでは、アプリを組み合わせて作成した自動化アプリを「Zap」と呼びます。無料アカウントでは「Zap」を5つまでしか作成できませんが、それ以上作成できる有料プランも複数用意されているため、案件に応じて選択します。

有料プランでは、Salesforce・AWS・各種データベースなどもZapとして利用可能な対象サービスに含まれ、より高度な自動化を実現できます。

スクリーンショット Zapierの利用プラン

※この情報はZapierのサイトから独自に調べたものです。最新情報はZapier公式サイトをご確認ください。

Zapierを使ってみよう!

Zapierで「RSS」から「Twitter」に自動連携してみましょう。

【1】Zapierにログイン 

Zapierにアクセスし、GoogleまたはFacebookアカウントでサインアップします。

図1

【2】 Zapを作成

ログインしたら、左上にある「MAKE A ZAP」をクリックします

図2

【3】アプリとイベントを選択

Facebook・Twitterに自動的に投稿するには、サイトに新しいページを公開するときにそれを見つける方法が必要です。 ZapierはWordPress接続を提供していますが、認証のバグが多いので、 ZapierRSSに接続することをお勧めします。

「MAKE A ZAP」をクリックしたら、下記の画面に移動します。こちらの画面でBuilt-in AppsのRSS by Zapierを選択します。

図3

【4】RSSの設定

Choose Trigger Event」のところNew Item in Feed」を選択して、次へ進みます 

図4

【5】RSSの読み込み

「Customize Item」でRSSフィードのURLを入力する必要があります。ユーザ名やパスワードはオプションであり、通常は必要ありません。

URLを入力したら、「CONTINUE」ボタンをクリックします。

図5

【6】RSSの確認

正常に読み込めたら、「TEST & CONTINUE」ボタンをクリックします 

図6

【7】アクション設定

ブログをTwitterに自動連携したいので、Choose App & EventTwitterを選択します。 

Step7

【8】Twitterの設定

Create Twitter」を選択して、「CONTINUE」をクリックして、次へ進みます 

図8

【9】Twitterアカウントを設定

図9

【10】Twitterの表示選択

Twitterに表示させたい項目を選択して、「CONTINUE」をクリックします。

図10

【11】Twitterの表示を確認

表示方法を確認し、「RETEST & CONTINUE」をクリックします 

図11

【12】Twitter完了

正常に読み込めたら「Done editing」をクリックします 

【13】SNS連携開始

最後にYOUR ZAP ISの「OFF」を「ON」に設定し完了です 

Step13

ケースによってシナリオは異なりますが、どのシナリオでも下記の2点が大切です。

  • トリガーを選択:新しいリードやメールの受信など、Zapを開始するアプリでイベントを選択します。
  • アクションを選択:Zapierに次に何をするかを伝えます。アクションは、他のアプリからデータをプルして、ユーザーに代わってタスクを完了します。

まとめ

Zapierを使用すると、2つWebアプリ連携するだけでなく、GoogleドキュメントFacebook→Mail→…などの多くのアプリをリンクして自動化された作業システムを形成できるため、コストと時間を大幅に節約してビジネスをより効果的に成長さことができます。個人やチームの業務効果に向けてZapierを利用してみてください! 

【画像引用元】Zapier

 

▶お知らせ
ライター
ハイ
システムエンジニア

このライターが書いた記事

  1. Zapier overview

    アプリを接続するオンライン自動化ツール!Zapierのご紹介

同カテゴリーの記事

  1. teams-title

    Microsoft Teamsを使って外部ユーザーとWeb会議する方法

  2. children-593313_1920

    【Brave】広告とブロックチェーンとブラウザの親密な関係

  3. 名称未設定-1

    サイト運用担当・ひらめオススメのスプレッドシート機能&関数 その1:フィルター編