2021/04/16

システム開発担当者のためのソフトウェア開発におけるScrum (スクラム)プロセス

 

こんにちは。PDユニットのハイです。
今回私は、スクラムについてご紹介させていただきます。

スクラムは、単純なソフトウェア製品から複雑なソフトウェア製品の開発まで現在使用されている最も人気のあるアジャイルフレームワークの1つです。
スクラムは、アジャイルソフトウェア開発者にとって徐々に標準的な作業および管理方法になりました。さらに、スクラムのアプローチはサービス、教育、マーケティングなどや他の分野にも徐々に適用されています。スクラムは主に、商用ソフトウェア、金融アプリケーション、組み込みシステム、制御ソフトウェア-衛星、携帯電話ソフトウェア、携帯電話、マーケティングキャンペーンなどに使用されています。

スクラムプロセスの基本概念

スクラムは、製品を構築するための特定のプロセスや手法ではありません。
これは、さまざまなプロセスと手法を使用して製品を構築できるようにするフレームワークです。スクラムは、ユーザーが製品を改善できるようにします。

スクラムにおける3つの役割

スクラムでは、開発に関与するチームは、特定のタスクの最適化を確実にするために明確な責任を持つ3つの役割に分けられます。これらの3つの役割には、開発チーム、プロダクトオーナー、およびスクラムマスターが含まれます。

  • 開発チーム:成果物の成長・製品を提供する自己組織化グループ。開発チームのメンバーの数は通常9人以下です。
  • プロダクトオーナー(Product Owner):プロジェクトの成功に責任を持つ人。要件を定義し、開発チームの作業を承認または拒否します。
  • スクラムマスター(Scrum Master):必ずしもチームリーダーである必要はありませんが、開発チームとチームのパフォーマンスに影響を与える要因との間の仲介役として機能し、チームが割り当てられた作業に集中できるようにします。

スクラムツール

スクラムツールは、スクラムチームが完成した製品を確実に提供するために、必要で重要な情報の透明性を最大化するように設計されています。

  • プロダクトバックログ(Product Backlog):製品の機能と結果を説明する優先リスト。
    アイテムは、プロダクトオーナーによって優先順位が付けられ、維持されます。
  • スプリントバックログ(Sprint Backlog):これは、スプリント中にチームが完了する必要のあるタスクのリストです。開発チームによって維持および更新されます。スプリント計画および監視ツールです。
  • バーンダウンチャート(BurnDown Chart):スプリントの目標に向けた進捗状況を示します。 BurnDownチャートは、過去に費やされた作業量ではなく、完了するまでに残っている作業量を示します。そして、デイリースクラムミーティングの後に毎日更新されます。

スプリントイベント

スプリントは、完全に機能するパーツを作成するための短いプロセスです。スプリント期間は通常30日未満です。スプリントは一定期間で段階的に行われ、スプリント中にスプリントは変更されません。

スプリント中に必要となる4つのイベントの詳細は次の通りです。

  • スプリント計画会議(Sprint Planning):開発チームはプロダクトオーナーと会い、スプリントの作業計画を作成します。作業の計画には、開発要件の選択、実行するタスクの分析と特定、およびタスクの完了に必要な時間の見積もりが含まれます。スクラムは段階的な計画方法を使用します。これにより、計画はプロジェクトのライフサイクルで一度だけ行われるのではなく、何度も繰り返され、製品のプロセスの実際の状況に適応します。
  • デイリースクラム(Daily Scrum):デイリースクラムミーティングは、開発チームがメンバーの活動を同期させ、次の24時間の計画を作成するために、15分間フレーム化されます。 デイリースクラムはメンバー各に3つの質問について報告します。
    1. 昨日何をしたか?
    2. 今日何をするか?
    3. 問題や報告や発見はあるか?
  • スプリントレビュー(Sprint Review):スプリントの最後に、開発チームはプロダクトオーナーとともに、最後のスプリントで完了した作業をレビューし、製品に必要な変更を提案します。
  • スプリントレトロスペクティブ(Sprint Retrospective):スクラムマスターの助けを借りて、開発チームは終了したばかりのスプリントを徹底的にレビューし、ワークフローと製品自体を改善する方法を探します。

プロジェクトのサイズと期間に応じて、プロダクトオーナーはプロジェクトをスプリントの期間に分割します。各スプリントは通常約1〜4週間続きます。

スプリント全体の活動は、上記のスプリント計画会議、デイリースクラム、スプリントレビュー、およびスプリントレトロスペクティブの4つのイベントを通じて表されます。

スクラムの利点

スクラムの利点として、優れた製品品質と低い生産リスクと低コストが挙げられます。顧客と開発者の間、チームメンバー間でのコミュニケーション能力が高いレベルでやり取りされるようになります。開発速度が速く、時間を節約できます。開発ループではほぼ毎日デイリースクラムが行われるため、変更に対して柔軟な対応が可能です。(開発チームは開発変更が発生することに備えて準備しておくことをお勧めします。)さらに、顧客が多くの評価に関与し、タスクがスムーズに進行するため、エラーや問題は従来の方法よりもはるかに早く発見されます。

Standish Groupによる2012年の「CHAOマニフェスト」レポートによると、アジャイルプロジェクトの成功率は非アジャイルプロジェクトの3倍です。

結論

以上、スクラムについて、ご紹介させていただきました。上に示したように、スクラムプロセスは比較的単純で、柔軟性があり、コンパクトです。ただし、スクラムには、スプリントの概念など、ソフトウェア分野に属していない人には理解しにくい概念があるため、事前の教育や、チームにあわせて手法を変更した方がよいこともあります。さらに、アプリケーションを正常にデプロイできるようにするには、システムは、十分な柔軟性があり、厳格すぎず、ユーザーが使用するのに理解するのが難しくない管理タスクを提供する必要があります。

\ この記事はどうでしたか? /

ライター
ハイ
システムエンジニア

このライターが書いた記事

  1. システム開発担当者のためのソフトウェア開発におけるScrum (スクラム)プロセス

  2. テト(ベトナムの旧正月)ご紹介

  3. アプリを接続するオンライン自動化ツール!Zapierのご紹介

同カテゴリーの記事

  1. URL最適化!canonicalとalternateとは?

  2. 人と機械の共生

    人とモノとがインターネットでつながる時代

  3. 「おもしろい」Webデザイン用語(ナビゲーション・メニュー編)