2017/02/17

インターネットがテレビを超える!?2017年スポーツ市場の変化

 

リオオリンピックで盛り上がった昨年、日本スポーツ界ではある話題がニュースになりました。
2016年7月、Jリーグが「DAZN(ダ・ゾーン)」と、10年間で約 2100億円にものぼる巨額放映権契約を締結したのです。
ふ~ん。っといったことかもしれませんが。これはとんでもない金額の契約ですね。
簡単にご説明しますと・・・

インターネットによるライブ配信が主流に!?

IMG_9120
DAZNとはイギリスのパフォーム・グループによって運営されているスポーツ専用の動画配信サービスで、日本ではVリーグやトップリーグの配信も開始されていました。

今回の契約金を年換算すると、約210億円。
これまでJリーグと契約していたスカパー!は年間約30億円。
比べると、なんと約7倍もの金額になります。

これに伴い、過去10年に渡りJリーグ全試合の中継を行ってきたスカパー!は、2017年以降の Jリーグ中継を行わないことを正式発表。今シーズンのJリーグはテレビではなくインターネットによるライブ配信が主流になるのです。

巨額放映権契約によりJリーグのクラブチーム経営にも影響が・・・

リーグから膨大な配分金が与えられ、放映権収益が大幅に増加する訳ですから、選手やチームの強化、観客、サポーターなどに対するサービス向上が大いに期待できます。まさに、Jリーグ自体の質や日本サッカー界の底上げにつながることでしょう。

ここまでを聞くと、良いことばかりに思われるパフォーム・グループの参入ですが、一方で・・・

・これまでテレビユーザーだった人々がネットによるライブ配信視聴を受け入れられるのか。
・ネット上でどれだけの臨場感・迫力を伝えられるのか。
・ファン離れは起きないのか。

などといった不安の声もあがっています。

日本のスポーツ界に一石を投じる事となったDAZNの参入。
いつでもどこでも手軽にスポーツ中継が楽しめるサービスとして我々にどんなインパクトを与えてくれるのか。

数年前より「インターネットの価値はいずれテレビを超える」と言われていますが、ある意味インターネットがテレビを超えた形となるのかもしれません。
放送ではなく通信でスポーツを楽しむ時代の幕開けですね。

 

そんな今シーズンのJリーグ。新感覚の盛り上がりに期待です!

開幕日程は下記の通り
【J1】 2月25日開幕/【J2】 2月26日開幕/【J3】 3月11日開幕

 

 

ライター
おだっち
営業映像プロデューサー

このライターが書いた記事

  1. LINEミニアプリのメリットと活用事例

  2. 企画次第で簡単に!ショートムービー製作のコツ

  3. 5Gとは? Gの歴史と2020年からの映像と暮らしの変化

同カテゴリーの記事

  1. コミュニケーションはアートではなく、デザイン。

    アートになっていませんか? コミュニケーションが「デザイン」であるべき理由

  2. 【考察】シンギュラリティはクリエイターを滅ぼすのか

  3. テレワーク初心者の皆様へ 〜テレワーク歴1週間の男はかく語りき〜