2020/02/19

ヘッドレスCMSでより便利に

業務効率化

 

どうも、タカギです。

最近、お客様から

      • フロントの表示の仕方を変更したいけどHTMLやCSSが分からなくて困っている
      • 同一情報を複数のCMSに登録するのを簡略化できないか?

などのご相談を多くいただきます。

企業のサイト運用ではCMSが業務効率向上へ繋がっていることでしょう。

 

近年、Webでのチャネルが増えてきました。

ホームページ、メディアサイト、EC、アプリ、サイネージなど様々。

そうなるとホームページを更新して、ECも更新して、、、あれもこれも更新しなきゃ…なんて状況に陥っていませんか?

タスクが多くて頭を抱える

そうなんです。今までのモノリシックなCMSだけでは、ただ単一なサイトしか更新できないので、チャネルが増える度にあれもこれもと更新する先が増えてしまいます。

 

そこで万能なCMSがあります。

 

ヘッドレスCMSです。

 

 

ん?

Headless?

・・・

・・・・・・

 

ヘッドレスと言われてもイメージ湧かないですよね。

 

Headless CMSとは

ヘッドレスCMSとは、サイトやブログ、広告、サイネージなど各チャネルのコンテンツを一元で管理出来る仕組みの事です。
従来のCMSは有名なモノでWordPress やMovable TypeやASPで提供されるサービスが多いですが、それらは独立したサイト、ブログなどコンテンツ管理に特化している、いわゆるモノリシック型です。

 

何が便利なの?

HTMLソース画面

ご存知の通り、従来のCMSはコンテンツ更新や修正をする際に、指定されたTextboxにテキストや画像を挿入して登録したら、ページが作られたり、ページが修正されたりします。

HTMLやCSSの知識のない人でも、簡単にできるのがメリットです。

 

それでは、ヘッドレスCMSはどういった事が便利なのでしょうか。

それは、ユーザーのタッチポイントを自由自在に連携出来るところです。

 

自由自在って?

先ほど、ヘッドレスCMSはコンテンツを一元管理できると説明させていただきましたが、コンテンツの管理はヘッドレスCMSだけに集約して、サイトやEC、広告、サイネージなどなど各種フロントと自由に連携して表示できます。

例えば、

        • 各チャネルへの同一情報を一回の登録修正で更新が可能
        • 時間指定でそれぞれのチャネルを一気に更新
        • マーケティングツールとの連携により、各チャネルの情報を一元管理

なんて事が可能です。

 

まとめ

ヘッドレスCMSは、様々なフロント部分と連携しておけば、複数で登録・変更せずに、一元管理されたコンテンツ情報をユーザーとのタッチポイントにいくつも必要なところに配信できるのです。

今、そのような便利なヘッドレスCMSの需要が高まってきています。

 

現状のお困り事や、サイトリニューアル等をお考えの方は是非弊社へご相談ください。ヘッドレスCMSの導入も含め、最適なプランのご提案をさせて頂きます。

 

▶お知らせ
ライター
タカギ
Webディレクター

このライターが書いた記事

  1. 業務効率化

    ヘッドレスCMSでより便利に

同カテゴリーの記事

  1. ダークモードについて知ろう

  2. アプリを接続するオンライン自動化ツール!Zapierのご紹介

  3. Microsoft Teamsを使って外部ユーザーとWeb会議する方法