2020/01/16

【海外ソロゴルフに行ってきた!】おすすめソロプレイ(ゴルフ版)

 

こんにちは。セールスユニットの今田です。
私が働いているフォーグローブでは「AI導入・スマートデバイス活用」「デジタルプラットフォーム」「アドテクノロジー」「セールステック」などのトレンドキーワードが日々飛び交っています。そんな合間にもメンバー同士、趣味の話でよく盛り上がります。私自身、健全に働くための大事な要素だとも感じますし何よりほっこりします。

その趣味の話の中で「ソロプレイ」という言葉がよく登場します。「ゲーム」「キャンプ」「おひとり様焼肉」などなど。
実はゴルフでも一人プレイが可能なのです!今回はゴルフ版のソロプレイ「ソロゴルフ」を紹介したいと思います。

ソロゴルフをしたいなら海外へ!

海外ゴルフ

日本では、トラブル防止などの観点からソロゴルフは困難かと思います。
ところが海外では簡単にソロゴルフが可能です。実は私も半年前にグアムで経験しました。

ステップ1. Webから海外のゴルフ場に人数1名で予約。オプショナルツアー系サイトで探すと見つかりやすいかと思います。
ステップ2. 仮に現地受付で「他の組み合わせに入りますか?」と聞かれても「NO」と回答する。
ステップ3. 海外ソロゴルフの勇気を持つ。

基本的な手続きは出国前に済ませられ、インターネットテクノロジーの恩恵もあり、簡単に世界との距離を縮めることができました。

海外ソロゴルフの楽しみ方

さてさて。実際の楽しみ方のコツをお伝えします。

・トップスタート予約(前の組があると詰まってしまいます)
・後ろの組を数ホール引き離す(マナー的に重要です)
・スコアをつけない(スコアは気にしたら普通のラウンドです)
・後半9ホールからソロプレイ開始する

ドライバーを何発打ってもOKです。セカンドを好きな距離や好きなライから打てます。アプローチも自由。コース独り占めで贅沢な気持ちになります。本当の練習ラウンドができます。
「そもそも何のためのこの練習ラウンドなの?」というツッコミがありそうですが、男のロマンということでご理解ください。

国内版ソロゴルフ「一人予約ゴルフ」

国内でもソロゴルフを擬似的に楽しむ方法もあります。「一人予約ゴルフ」です。

これは厳密にいうとソロプレイではないのですが、予約サイトで「一人予約プレイヤー同士が一緒にゴルフをする」というシステムです。
現地に行くと全然知らないプレイヤー同士がゴルフを楽しむという方法です。
おかげさまでゴルフ独特の「メンバー集め」とは無縁になりました。

また一人予約ゴルフの場合は、他の人と一緒ながらも自分だけに集中できるという精神的メリットもあります。
SNSやWeb予約システムの発展のおかげですね。感謝感謝です。

ところでソロプレイ感はあるの?

ソロプレイ感を出すための必須アイテムは「サングラス」です。
サングラスはプレイへの没入感と無表情を醸し出すのに役立ちます。(特に私はオシャベリなキャラなのでお助けアイテムです)。

あとは他プレイヤーの雰囲気を壊さないためにも「ナイスショットです」「惜しいですねー」「ファーーー」を言うなど、本来守るべきルールとマナーを大切にすれば自分の世界でゴルフが楽しめます。

ソロ中であっても偶然にも良い人に出会ってしまったらサングラスを外して「スマイルスマイル」です。お互いの距離がぐっと縮まります。

まとめと次回予告

一人予約ゴルフについては多くの方がご存知ですので今更感はありますが、ゴルフから遠ざかっている人がいれば、ぜひ活用してゴルフを再開して欲しいと思ってブログを書きました。ソロゴルフで検索するとヒットしますよ。
営業という職務柄もありお客様とゴルフをする機会もとても多いです。
一緒にプレイをして、一緒にお風呂に入って、裸のお付き合い。
とても健康的で、より一層コミュニケーションを深める事ができるので、ゴルフを始めてとてもよかったと思ってます。

 

海外ゴルフ
フォーグローブゴルフ部(仮)は、仕事のお問合せはもちろん、皆様からのコンペのお誘いもお待ちしております。

https://www.fourglobe.co.jp/blogcontact/

 

今後は「ゴルフとWebマーケティング」「ゴルフとIOT」「ゴルフとAI」「ゴルフとデータサイエンス」「ゴルフとセールステック」「フォーグローブゴルフ部(仮)の活動報告」などを考えています。少しはデジタルマーケティング会社らしいトピックでブログを書いてみたいと思います。

 

▶お知らせ
ライター
今田真彰
営業

このライターが書いた記事

  1. 【海外ソロゴルフに行ってきた!】おすすめソロプレイ(ゴルフ版)

同カテゴリーの記事

  1. コミュニケーションはアートではなく、デザイン。

    アートになっていませんか? コミュニケーションが「デザイン」であるべき理由

  2. 【考察】シンギュラリティはクリエイターを滅ぼすのか

  3. テレワーク初心者の皆様へ 〜テレワーク歴1週間の男はかく語りき〜