2017/08/18

iPadとApple Pencilで絵を描こう!~Adobe Sketch編~

02_top

 

こんにちは!ディレクターうえです。

突然ですが、iPad Proを買いました。
Appleへの依存が著しい私なのですが、ぺー氏ほどガジェットに明るくないので日常生活だけならiPhoneがあればいいじゃん。と思っておりました。

しかし、このiPad Pro、とあるアクセサリを使うとなかなかのお絵かきツールになるのです。

その名はApple Pencil

今回はiPad ProとApple Pencilの使い勝手をレポートしたいと思います。

好きな言葉は筆圧感知

これができないペンタブレットやスタイラスペンには用はない……そんな人も多いはず。

筆圧感知とは、筆圧によって線などの強弱がつくという機能です。
あとペンの傾き感知も大事です。
アナログの鉛筆みたいに、傾けると広い面が塗れたりする機能ですね。

もちろんApple Pencil、対応してます。

Adobe Photoshop Sketchを使ってみよう

種々多様なアプリがありますが、おすすめはAdobe Photoshop Sketchです。
名前の通り、天下のAdobeのソフトです!

しかも、このアプリ、無料。

Adobeがそんなまさか、と思うなかれ。
Creative Cloudアカウントがあれば使用することができます。
アカウントは無料で作れるので、ぜひ登録してみましょう。

初期ペンの描き具合

Adobe Photoshop Sketchでは初期プリセットに17種類のペンがあります。
その描き具合はこんな感じ。

左列が「徐々に筆圧を上げた場合」
右列が「徐々にペンを傾けた場合(定規使用)」の一覧です。

02_brushes

条件
・キャンバスサイズ「ワイドスクリーン」を縦配置
・ブラシのサイズを10に設定(もしくは最小サイズ)
・アップロード画像は50%に縮小して二枚を横並びに合成

名前の通り、スケッチ向けのブラシが多いですね。

実際に描いてみた

02_crin01
02_crin02
02_crin03
鉛筆の再現性はいまいちな感じがありますが、描いている人間の能力の問題かも。うーん。
マーカーブラシはコピックみたいな描き味。(2枚目の絵です。)
さらっと描くには十分ですね。

ブラシの追加

既存のブラシ、17種類じゃ物足りない!って方もいますよね。
そんな場合でも大丈夫!

.abrファイルを読み込むこともできます。

お気に入りのブラシを書き出してdropboxやCCに同期させれば、そこから読み込むことができますよ。

その他気になる機能

・カラーのスポイト
・レイヤー
・ブラシのカスタマイズ
・Creative Cloud経由でPSDに書き出し可能
など、他の機能も充実しています!

まとめ

いかがでしたか?
今回はゆるい絵でしたが、割と本気のお絵描きもできますので、おすすめです。

種々多様なアプリがありますので、今後も楽しくチャレンジしていきたいと思います!
その際にはレポートもしますね。

ではでは、また!

ライター
うえ

バックナンバー

  1. 02_top

    iPadとApple Pencilで絵を描こう!~Adobe Sketch編~

  2. blog_ue_01

    手書きのイラストをIllustratorできれいにしよう! ~画像トレース編~

同カテゴリーの記事

  1. 2017_04_19__main_ts

    史上最強のエディタBracketsに出会ってしまった

  2. 2017_03_06__main_ts

    SNS画像を綺麗に見せたい人におすすめ! AdobeのLightroomとは!?

  3. 2017_01_04__main_ts

    SyntaxHighlighterってなんだ?とりあえず使ってみた