2020/09/11

成果が上がるWebの広告代理店の選び方

 

「広告運用をお願いしたいけど、どうやって選んだらいいのか分からない」
「今の広告代理店を選んで、本当によかったんだろうか・・・」

そんな悩みを抱えている経営者やマーケティング担当の方は多いのではないでしょうか。

Web広告をお願いしたけど、思っていたほど成果がなかった、広告運用の説明について十分されなかったということはよく耳にします。

「Web広告に不安がある」「どこに依頼すればいいのかわからない」といった理由で、Web広告での集客をあきらめていませんか?

Web広告は、ターゲットのユーザーに商品やサービスの価値を届けることができる有効なマーケティング手法の一つです。

せっかく魅力的な商品やサービスを持っていても、ユーザーに知ってもらうことができなければ、売上や利益につなげることは難しいですよね。

そんなことにならないために、この記事を読んで信頼できるWebの広告代理店を見つけてください。

■Webの広告代理店を選ぶ3つのポイント


Web広告施策にあたって失敗しないために、次の広告代理店選びの3つのポイントを押さえておきましょう。

ポイント1:取り扱いの広告媒体が多い

Google、Yahoo、Facebookなど様々な広告媒体があり、機能も広告媒体によってそれぞれ。
多くの広告媒体を取り扱っている広告代理店を選ぶことで、配信目的に沿ったよりよいプランを提案してくれることにもつながります。
出稿予定の広告媒体だけでなく、配信目的に沿った施策提案をしてくれる広告代理店がおすすめです。

ポイント2:改善策の提案や十分な意見交換がある

広告運用の成果を最大限に引き上げるには、代理店と二人三脚で行うことが必須。
近年、ユーザーのリテラシーが上がり、Web広告の運用だけで成果を上げることは難しくなってきています。

結果をレポートで提出するだけでなく、Webサイトの改修提案やオフラインの施策を併せることで最大の成果をあげることができます。

ポイント3:手数料の安さだけで選ばない

選ぶべきは、広告集客成果を出し続けてくれる代理店ですよね。
効果を出し続けるためには、継続的な運用の調整と広告配信をするビジネスへの理解が必要なため、お互いのコミュニケーションが鍵になります。
運用によって、成果は大きく変わりますが、手数料の高い安いで成果が決まるわけではありません。
最終的な利益につながるかを見極めた選択をしましょう。

■広告運用代行のメリットとデメリット

広告代理店の選び方は分かったけど、どんなメリットやデメリットがあるのかが気になりますよね?
以下で、広告運用代行を利用するメリットとデメリットをご紹介します。

[メリット]

・今までと違う層へリーチできる
広告代理店を使うと、自社では配信できない広告媒体への出稿が可能に。
多くのサイトやアプリの「面」へ配信できるため、ブランディングや売上の拡大など様々な目的で広告配信をすることができます。

・専門知識がなくても広告を出稿できる
採用、勉強時間、育成でかかる時間やコストを大幅にカット。
プロが運用するため、自分に専門知識がなくても広告を出稿することができ、本業に集中できます。

・Web広告の情報を手に入れることができる
フレッシュな情報を早くビジネスに取り入れることが競合との差別化に。
日々新しくなる情報を広告代理店から仕入れることができ、競合企業とのシェア争いに遅れをとることを防ぎます。

[デメリット]

・最低出稿金額がある
広告代理店も運用するにあたって、リサーチ、広告文の作成といった広告配信のために様々な作業が必要になります。
最低出稿金額を設けている広告代理店が多いため、最低出稿金額を下回る予算の場合、希望の広告代理店に依頼ができません。

・自社に合った広告代理店を見つけるのがむずかしい
広告運用は属人的になりやすく、自社を担当してくれる運用者次第で成果が大きく変わることがあります。
そのため、運用の規模や業界に強い代理店を見つけることが必要です。
また、Webの知識に自信がない場合は、制作なども含めて総合的にサポートしてくれるような、広告代理店を選びましょう。

■注意点


広告代理店を利用するときに注意しておくべき点があります。

これやってくれないの?といったサービス範囲の認識の違いはトラブルの元。

サービスの詳細については必ず確認しましょう。

・バナー制作の有無
・アカウントの開設、運用方針
(自社か広告代理店のどちらのアカウントかなど)
・運用の戦略、計画性
・リサーチの範囲
・分析はサイト分析も含まれているか
・請求額の内訳の広告実費や手数料が明確
・レポートの提出の有無
・定例などで説明の有無(一方的なレポートの送付ではなく、定例の開催やレポートの補足説明、質疑応答などがあるか)

運用代行の範囲や何を代行するのかなど、どんな運用かは広告代理店によって様々です。
自社にとって必要だと思うことは当たり前にやってもらえると思わずに確認をするようにしましょう。

広告運用を含めてWebの成果アップならフォーグローブ!

広告運用で大切なのは改善し続けることです。

広告運用の成果を出すには、

・広告でビジネスターゲットになるユーザーをサイトへ誘導
・誘導したユーザーにしてほしい行動変容を起こすコンテンツの提示

といった2つが必要になります。
次から次に新しい情報が入ってくる時代に広告の設定もサイトも、そのままという状態で成果を出すことができません。
変化するユーザーのニーズに応じた広告とコンテンツを提供する必要があります。
同じ広告やサイトを出し続けると効果が小さくなってくるため、改善し続けることが大切。

改善し続けるにあたり、広告運用・LP制作など複数の業者とのやり取りはそれだけで時間も工数もかかります。

フォーグローブは、広告運用を行うだけでなく、バナー・LP・入力フォームまでワンストップで制作することができます。
そうすることで、複数の業者とのやり取りの手間や時間を削減することができます。

また、バナーの制作と広告運用が同じ会社の場合、広告に適したバナーを直接運用者と制作者が連携して制作が可能になるため、より高い運用効果が見込めます。

広告運用だけでなく、サイトSEOやコンテンツマーケティングについても深く知りたいことがあるという方は、ぜひフォーグローブへご相談ください。

>>フォーグローブへのお問い合わせはこちら

 

 

▶お知らせ
ライター
ねぎ
Webマーケッター

このライターが書いた記事

  1. 成果が上がるWebの広告代理店の選び方

  2. ジオターゲティング

    ジオターゲティングとは?メリットと効果的な使い方

同カテゴリーの記事

  1. LINE公式アカウント|認証済アカウントと未認証アカウントの違いを徹底解説!

  2. 「LINE公式アカウント」と「LINE@(ラインアット)」の違いとは?

  3. Webでも使える心理効果、ザイオンス効果とは